2007年06月20日

コンパイルハート、Wii「しゃるうぃ〜☆たころん」“たこ焼き”がテーマのパズルゲーム

20070618-00000022-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社コンパイルハートは、Wii用パズルゲーム「しゃるうぃ〜☆たころん」を、8月に発売する。価格は6,090円。CEROレーティングはA(全年齢対象)。初回生産分には特典として、たこ焼きテーマソング「たこ焼たころん」

 Wii「しゃるうぃ〜☆たころん」は、アーケードで稼動中のパズルゲーム「のーコネパズル たころん」のWii移植版。「タコを色別に並べて消していく」パズルゲームで、Wii版では基本的なシステムはそのままに、オリジナルキャラクタやストーリーモードなどの新要素が追加されている。

 ゲームのルールはアーケード版同様で、タコを回転させ、画面内にある網の上に、網に書かれた数字の数だけ同じ色のタコを乗せると、タコは泡になって消えていく。タコが泡になったら、そこに同じ色のタコを繋げることで連鎖し、次々と泡になって消え、相手のフィールドに邪魔をする「ウニ」を降らすことができる。自分と相手のどちらかのフィールドがタコとウニで一杯になり、3カウント以内に消すことができなくなったら負けとなる。

 基本ルールは変わらないが、一部仕様が変更されている。AC版では同じ色のタコが泡で隣り合っていても、一度プレーヤーが回転させないと連鎖しなかったが、Wii版では回転させなくても、泡と隣り合っていれば連鎖(誘爆連鎖)が発生する。また「ダイヤ」の効果は、AC版では「すべてのウニとタコが同じ色になる」だったものが、使用キャラクタによって異なる効果を発揮。さらにキャラクタごとに得意な色があり、その色で連鎖を発生させると、通常よりもたくさんのウニを相手側に降らせることができる。

 ストーリーモードでは、各キャラクタごとに異なるストーリーが展開する。難易度は3段階で変更可能で、「Wタコファイター」や「Wタコマスター」にするとCPUも協力してくれたりする。対戦プレイも、1対1だけではなく、2対2の協力対戦プレイなど、最大4人までの同時対戦に対応している。

 Wii版オリジナルモードの「とことんモード」では、ただスコアを稼ぐだけではなく、ある一定の条件を満たすことで「称号」が与えられる。この称号とスコア、最大連鎖数などをもとに、「タコタコ認定」を行なう機能も搭載されている。

 Wi-Fi通信による対戦にも対応。対戦相手を自動で探し出す「だれかと対戦」と、フレンドリストに登録されている人と対戦できる「ともだちと対戦」が楽しめる。       (引用 YAHOOニュース



オリジナルキャラクタやストーリーモードなどの
新要素が追加されているそうです!!



posted by sukima at 10:06| Wiiソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。