2007年07月13日

Wiiでフィットネス ソフト、国内は年内発売

20070713-00000001-kyt-l26-thum-000.jpg
任天堂は11日(現地時間)、米カリフォルニア州で開幕した国際ゲーム見本市「E3」の関連イベントで、家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」向けの新製品として家庭で手軽にフィットネスが楽しめるゲームソフトを年内に販売する、と発表した。体格のバランスを測定する機能もあり、「家族の健康管理」を打ち出してWiiの購入層拡大につなげる。
 商品名は「Wii Fit(ウィー・フィット)」。体重計のような付属品「バランスボード」に足や手を載せると、重心や体の傾きを検知し、プレーヤーの動きをゲーム画面に反映させる。片足立ちストレッチなどの有酸素運動や筋力トレーニング、ヨガ、サッカーのヘディングゲームなど、40種類以上の運動を用意している。
 身長に対する体重の割合を示す体格指数(BMI)などを測る機能もあり、家族でトレーニングの効果を比較し合って楽しめる。国内は年内、米国は来年前半に発売する予定。
 同社はこのほか、年内発売の商品として、Wiiのコントローラーを銃の形状にする付属品「ザッパー(仮称)」や、Wiiの似顔絵作成機能を使い、ネット上でコンテストを行う「Miiコンテストチャンネル(仮称)」なども公開した。
 ■「脳トレ」人気あやかり
 任天堂が家庭用ゲーム機「Wii」向けの新製品として発表したフィットネスゲームは、「ゲーム人口拡大」という同社の戦略を象徴するソフトだ。携帯型ゲーム機「DS」が脳を鍛えるソフトで爆発的に普及したように、多くの人が関心を持つ健康をテーマに据えることでWiiの販売を加速させる狙いがある。
 米国で11日にスピーチした岩田聡社長は「DSとWiiの特徴と、ビデオゲームの定義を広げる新しいソフトの提案で、ゲーム人口拡大を証明しつつある」と成果を強調した。実際、DSは「脳トレ」ソフトやイヌを育てるソフトなど、従来のゲームにない要素を提案して女性や中高年層を取り込み、3月末までに約4000万台を販売した。
 昨年発売したWiiも好調な滑り出しを見せているが、さらなる普及には魅力的なソフトが欠かせない。「Wiiフィット」には、DSにおける「脳トレ」のような役割が期待されている。
    (引用 YAHOOニュース



家でトレーニング出来る上に、楽しみながら出来ちゃう!!!
こんないい物はないですよね!!!


posted by sukima at 10:09| Wiiニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。