2007年08月29日

WSJ-テイクツー、「マンハント2」改良版を10月31日発売へ

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米ゲームソフト大手テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア(Nasdaq:TTWO)は24日、暴力的と批判されているソフト「マンハント2」について、内容を一部変更し、ゲームソフトの対象年齢を定めている自主規制機関「ESRB」から「M(17歳以上推奨)」指定を受けたため、10月31日に発売すると発表した。

同社のロックスター部門はこのソフトを、ソニー(NYSE:SNE)の「プレイステーション2」、「プレイステーション・ポータブル」、任天堂(7974.OK)の「Wii(ウィー)」向けに発売する。当初は7月に発売の予定だったが、暴力的な内容が含まれていることから、ESRBがこの作品のレーティングを「AO(成人限定)」としたため、発売を延期していた。

テイクツーは、「グランド・セフト・オート」シリーズでも物議を醸した。同社は昨年、「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」のプレーヤーがこのソフトに隠された性的描写を視聴できる点を問題視していた連邦取引委員会(FTC)と和解合意している。
     (引用 YAHOOニュース
posted by sukima at 10:09| Wiiニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。