2007年10月03日

Wiiリモコン手離れ問題で 保護カバー無償提供

20071002-00000010-maiall-game-thum-000.jpg
任天堂は2日、Wiiの操作端末「Wiiリモコン」が操作中に手が離れ、テレビなど壊れる可能性を指摘されている問題で、リモコン保護カバー「Wiiリモコンジャケット」を世界で無償提供することを明らかにした。

 ジャケットはシリコンゴム製で、リモコンが握りやすくなり、先端部分に厚みを持たせており、衝撃時のクッションになる。Wiiは、リモコン型コントローラーをテレビの前で振って、「バットを振る」「剣で切る」などの動作を擬似体験できるゲーム機で、07年6月末までに世界で927万台を出荷しており、リモコンはその倍の数に普及しているとみられる。

 発売当初からリモコンが手から離れてテレビ画面を割るなどの問題が指摘されていた。任天堂は、正しい使用方法の告知やリモコンのストラップのひもの太さを1ミリにした改良版を出すなど対策をしていた。同社広報室は「リモコンを振るゲームを遊ぶ方は、ぜひとも使ってほしい」と呼びかけている。無償提供は日本だけでなく海外でも行う。

 希望者は、任天堂のホームページにある指定フォームか、「Wiiリモコンジャケット」コールセンター(0120・565・121)で申し込む。無償だが、ゲーム機の製造番号などが必要。
    (引用 YAHOOニュース



ゲーム機の製造番を調べて、申し込みしてください!!!

posted by sukima at 10:26| Wiiニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。