2007年10月30日

スクエニ、Wii「小さな王様と約束の国 FFCC」新情報を公開。王国復興の鍵を握る「建築術」ほか

20071029-00000049-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社スクウェア・エニックスは、Wiiウェア用ダウンロードコンテンツの国造りRPG「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」を発売する。2008年3月のWiiウェアサービス開始と同時に提供を開始予定。価格は1,500Wiiポイント。

 「小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」は、2003年8月に発売されたニンテンドー ゲームキューブ用RPG「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」の冒険の数年後の世界を描く作品。クリスタル・キャラバンの活躍により、瘴気が晴れて平和になった世界のとある辺境の地を舞台に、クリスタルにまつわるストーリーが展開していく。

 主人公は、瘴気によって国を失った幼い王様。彼はたどり着いた辺境の地で、クリスタルから思い出を現実へと変化させる不思議な力「建築術(アーキテクト)」を授かる。建築術を習得した王様は、その力を使って民家などを建築し、失われた故郷を再興することを決意する。

 本稿では、今回明らかになった登場キャラクタや舞台設定、建築術などについて、その概要をお伝えしていく。

■ 故郷の復興を誓う小さな王様 レオ

 幼くして母と故郷を失った小さな王様。母の没後間もなく失踪した父、エピタフの跡を継いで王になるが、父のいなくなった国は瘴気によって滅亡する。そのためレオは、父に対して強い憎しみを抱いている。

 頼れる大臣チャイムとともに滅びゆく故郷を離れ、父の消息を追いながら数年にわたる放浪の旅を続け、物語の舞台となる辺境の地へとたどり着く。そこに残されていたクリスタルに、この地を治める偉大な王「アークロード」の資格を持つ者と認められ、思い出を形にする魔法「建築術(アーキテクト)」の力を授かる。

■ 公私共に王をサポートする心強い大臣 チャイム

 レオの教育係として姉弟同然に育ち、常に身辺のサポートをしてきた。レオが王位を継承してからほどなくして大臣となり、王様のために尽力している。



もっと知りたい方はコチラをアクセス次項有引用 YAHOOニュース

posted by sukima at 10:05| Wiiソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。