2007年11月05日

バンダイナムコゲームス、リビングがゲレンデに!?Wii「ファミリースキー」

20071102-00000051-imp-sci-thum-000.jpg
株式会社バンダイナムコゲームスは、Wii用ソフト「ファミリースキー」を今冬に発売する。価格は未定。

 「ファミリースキー」は、Wiiリモコンとヌンチャクをストックのように使い、実際にスキーを滑っているかのような爽快感を味わうことができる体感ゲーム。最大で4人までが同時にプレイすることができるので、カップルや友達同士はもちろん、家族全員が参加してスキーを楽しむことができる。

 初報となる今回は、Wiiリモコンとヌンチャクを使った操作方法を紹介する。

■ 滑走1 基本姿勢(パラレルスタンス)

 リラックスした姿勢で、Wiiリモコンとヌンチャクの上面(十字キーやコントロールスティックがある面)が見えるように、軽く前方に傾けてWiiリモコンとヌンチャクを持つことでパラレルスタンスとなる。滑っている間は、この基本姿勢をとることによって、スキー板を揃えた状態となり、真直ぐに滑ることができる。

■ 滑走2 スケーティング

 基本姿勢からWiiリモコンとヌンチャクを同時に後方に大きく振ると、スケーティングで前進することができる。止まった状態から滑りだすときや、滑っていてスピードが落ちてきたときに使用することで、前方に進むことができる。止まっている状態からスケーティングしたときに進む方向は『画面が向いている方向』となる。

■ 滑走3 クラウチング

 滑っているときにWiiリモコンとヌンチャクを地面に対して水平に寝かせて、90度外側にひねるとクラウチング姿勢になる。クラウチング中は姿勢が低くなるので、空気抵抗が減り、最高速度があがる。また、クラウチング姿勢のまま体を左右に傾けると、クラウチング中に左右のターンを行なうこともできる。

■ 滑走4 パラレルターン

 滑っているときに、基本姿勢からWiiリモコンとヌンチャクを左右に軽く倒すとパラレルターンになる。ブレーキをかけたい場合は、Wiiリモコンとヌンチャクを左右に大きく倒すことでターンしながらブレーキをかけることができる。

■ 滑走5 ボーゲン姿勢


 滑っているときにCボタンを押しっぱなしにすることで、スキー板をハの字に広げたボーゲン姿勢をとることができる。ボーゲン姿勢はブレーキとは異なり、スピードを抑えながら滑ることができるので、ゆっくり滑りたい場合に役に立つ。

■ 滑走6 “よろけ”状態からのリカバー

■ 滑走7 転倒からの復帰

■ 滑走8 カニ歩き



もっと詳しく知りたい方は次項有引用 YAHOOニュース

とにかくおうちでゲレンデ気分が味わえちゃんです!!!





 

 


posted by sukima at 10:12| Wiiソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。